レーザー脱毛の処置前後のケアは何をすればいいの?

レーザー脱毛は処置前から始まっている

自己処理をしても、またすぐに生えてきてしまうムダ毛を、思い切ってレーザー脱毛しようと考えている人は多いですよね。クリニックに行けばすぐにやってもらえると考えている人もいますが、実は処置前にも準備が必要です。間違ったケアをしてしまうと、レーザー照射をすることができなくなってしまうので注意しましょう。レーザー脱毛は毛根をレーザーで焼き切ることで処置します。つまり毛抜きや家庭用脱毛器などで毛根ごと自己処理してしまうと、その毛穴はしばらくレーザー照射ができなくなってしまいます。そこで処置前の自己処理は、カミソリやシェーバーなどを利用しましょう。また、レーザー脱毛は黒いものに反応するという特色があるため、施術を考えている人は日焼けをしないように気を付けることも大切です。

レーザー処置後に気を付けたいこと

無事にレーザー脱毛の処置が終わったあとも、肌のケアは忘れないようにしましょう。処置の肌はいつもより敏感になっています。そのためアフターケアはしっかりと行うことが大切です。まず最も重要なのが保湿です。レーザー脱毛の処置後は、肌が乾燥しやすくなっています。季節に関わらず、いつもよりしっかりと保湿を行います。保湿を行うことで肌がやわらかくなり、処置したムダ毛が抜けやすくなるという効果もありますよ。また処置後3日間は、ムダ毛の自己処理もしないようにしましょう。特に毛抜きでの処理はやってはいけません。そして肌が敏感になっているところへの日焼けは厳禁です。夏でも冬でも、レーザー脱毛の処置後は日焼け対策をしっかりとして外出することが大切です。レーザー脱毛処置前後のケアを正しく行えば、きれいですべすべな肌を手に入れることができますよ。

レーザー脱毛を池袋で受ける時は安心して通えるクリニックを探し、第一印象を改善するとスッキリして満足できます。