医療脱毛とエステ脱毛の違いはなに?

医療脱毛のメリットデメリット

医療脱毛は医者や看護師のいる医療機関で、施術を受ける脱毛方法で施術はレーザー脱毛方式で行います。脱毛効果は強烈で医療機関でしか施術を行うことができません。そして医療脱毛は同じ部位なら施術回数は5回ほどで完了します。レーザー脱毛の一番のメリットは永久脱毛が実現することです。 デメリットは、効果がある分施術に痛みが伴うことですが、これは個人差の問題です。医療機関なので痛みに関しては、施術する部位の表面に麻酔の塗布を行うクリニックもあります。またエステ脱毛によくあるキャンペーン割引などが医療脱毛には殆ど無いことです。そのため少ない施術回数で、完璧な脱毛を自分のものにするためにはそれに掛かる費用は前もって準備する必要があります。

エステ脱毛のメリットデメリット

エステティシャンがエステサロンで施術を行うのがエステ脱毛です。エステ脱毛で行われる施術は主に光脱毛と言う脱毛方式です。エステ脱毛のメリットで一番に挙げられることは、医療機関では無い分セールやキャンペーン割引などの利用が可能なことです。またこのキャンペーン割引は考えられないほどの激安が特徴で、脱毛初体験で費用にこだわりがある人におすすめです。サロンごとで色々なお値打ちのプランを用意して競い合っています。 デメリットはレーザー脱毛と比較すると光脱毛は効果が弱いことです。さらに施術回数も完了するまでに10回以上かかることがあり、個人差により大きく変わってくることがあります。そのため激安なキャンペーンでの施術であっても、自分に合うプランの選択が必要となります。